エンタメパレス

映画、海外ドラマ、本を中心に、執筆メンバーの激推し作や貴重な取材裏話など、エンタメ好きの心に刺ささる本音どっさりのの記事をお届けします。

『誰かがあなたを愛してる』 勝手に新情報!(^^)!

メイベル・チャン、アレックス・ロー夫妻 イン東京

 エンタメパレスやTwitterに香港映画関連の記事を久しぶりに書き始め、眠らせていた香港映画関連の資料箱を開けて、いろいろ見直していたところ、自分としては「大発見」があった。

以下そのことを香港映画ベストテン ① 『誰かがあなたを愛してる』 - エンタメパレス (en-pare.com) の追記として書きます。

 

 

 1998年10月、ハリウッド作品『リプレイスメント・キラー』プロモーションのため主演のチョウ・ユンファが日本にやってきた。そして来日記念パーティが都内のホテルで開かれることとなった。

 僕はライター仲間の村上淳子さんのお誘いで会場に駆け付けた。

 ホテルのエレベーターに乗ると、和服の美しい女性に「〇階を押してくださる?」と頼まれた…と思ったら若尾文子さんだった。

 会場はマスコミや日本の芸能人や映画関係者でごった返していた。

 特にインタビュー取材の申し込みをしたわけではなかったので、ユンファを中心に会場風景を20数枚カメラに収めて帰った。

 このときのことは結局記事にできなかったので、現像した写真をそんなに熱心には見ていなかった。それから月日は流れ……。

98年10月『リプレイスメント・キラー』来日記念パーティでのチョウ・ユンファ。

 

 今回、写真を何気なく見ていて「あれ?」。ユンファが一緒に嬉しそうに記念撮影している男女、これはもしかしてメイベル・チャン&アレックス・ロー監督夫妻ではないか。すごく似ている。

 そして次の写真は、窮屈な姿勢で何やらポスターらしきものにサインするユンファ。これも撮っているときは気付かなかったが、当然『リプレイスメント・キラー』だと見過ごしていた。しかしよく見ると『誰かがあなたを愛してる』の日本版ポスターではないか!

 とすると一緒にいたのはメイベル&アレックスに間違いはないはず。

 

(左)メイベル・チャン&アレックス・ロー監督夫妻と。おそらく。(右)『誰かがあなたを愛してる』ポスターにサインするユンファ。

 メイベル夫妻とユンファは、憶測だが、たぶん同時期に別々に来日していて(ユンファは当時、アメリカに在住)、東京で再会し、このパーティ会場で旧交を温めて、メイベル夫妻か配給会社の人がポスターにサインをお願いし、気楽にユンファも応じた。

 まったくの妄想だが、「この映画、楽しかったね。ロケは大変だったけど」「また一緒に映画撮ろうよ」「そのときはチェリーも一緒だね」。そんな会話が浮んだ。

 人ごみの中でぶつかられながら撮影したので画像はよくないが、貴重な写真ではないか。名作『誰かがあなたを愛してる』にふさわしい一コマかと思った次第。

 メイベル&アレックス夫妻がそこにいたのならば、お話を聞いておけばよかったと24年後に大変悔やんでおります。                                  (柚木 浩)